トップページ»  禁煙外来

禁煙外来

禁煙指導

当院では「ニコチン依存症管理料の施設基準」を申請し、保険診療のできる禁煙治療医療機関として認可されています。
喫煙を今すぐ止めたい方・止めたいけど止められない方等に対し、禁煙のお手伝いができればと考えております。

保険適応となる条件

1.直ちに禁煙をしようと考えていること  
2.ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)が5点以上であること  
3.ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること  
4.禁煙治療を受けることを文章により同意していること  
   
 この4点に当てはまる患者様に対し「禁煙治療のための標準手順書」に準拠し治療を行います。治療の手順は、初回診察時に現在の喫煙状況等を確認させていただき、呼気一酸化炭素濃度測定等の検査結果説明や禁煙治療薬の説明を行います。
その後禁煙開始日から「2・4・6・8・10・(12)週間後」に診察させていただき禁煙状況の確認や今後のアドバイス等を行い、禁煙への道筋を一緒に考えて参ります。  
禁煙が成功してもプログラムに従い計5~7回の外来受診が必要です。また初回算定日から1年を経過しないと、再度算定することができません。すなわち、禁煙チャレンジに失敗、ないし禁煙後に再喫煙してしまった場合は、前回の禁煙チャレンジ開始から1年間は保険適応による禁煙の再チャレンジはできないことになります。
 なおこの4点に当てはまらない患者様にも自由診療での治療を行っておりますのでお気軽に当院までお問い合わせください。

ニコチン依存症スクリーニングテスト(TDS)

1.  自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2.  禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか。
3.  禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5.  上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
6.  重い病気にかかって、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
7.  タバコのために健康問題が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか。
8.  タバコのために精神的問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。
9.  自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

はい-1点 いいえ-0点 として計5点以上の場合はニコチン依存症である可能性が高いといえます。
 

スモーカライザー

1日に吸うタバコの本数と呼気一酸化炭素濃度は相関します。初診時に高値を示していた患者様が禁煙導入に成功し、再診時に測定すると低値を示すことで、自分自身でタバコの悪影響が低くなってきたことを簡単に実感することができます。

禁煙外来の費用

禁煙外来の受診にかかる費用の概要をまとめてみました。
自費で受診する際の費用と、保険適用の場合を比較してあります。

保険適用なら禁煙外来の受診料は月に3000円から6000円程度。
1日1箱吸っているあなたのタバコ代1ヶ月分より安いんですよ。
 

禁煙外来受診にかかる費用 -自費と保険適用の比較-
  ニコチネルTTSの場合(注4) チャンピックスの場合(注4)
自費 保険適用
自己負担
(3割として)
自費 保険適用
自己負担
(3割として)
初診料+再診料(注1) 7,780円 2,340円 7,780円 2,340円
ニコチン依存症管理費 9,620円 2,890円 9,620円 2,890円
院外処方箋料(注2) 2,040円    620円 2,720円    820円
院外薬局(注3) 24,990円 7,500円 46,460円 13,940円
44,430円 13,350円 66,580円 19,990円
注1 禁煙のみを目的に、診療所で診療を受けると仮定。再診料には外来管理加算(52点)を含むと仮定。 他の疾患の治療にあわせて禁煙治療を受ける場合、初診料及び再診料については重複して支払う必要はありません。
注2 禁煙補助薬のみ処方されると仮定。
注3 禁煙補助薬を標準的な用法・用量で使用すると仮定(ニコチネルTTSは8週間、チャンピックスは12週間)し、さらに、調剤料を加算しています。
注4 上記費用は2014年4月に改定された診療報酬点数に基づいて算出しています。